オンライン上の浮気調査が必要になったワケ

インターネットが普及したことで、オンライン上の浮気調査が必要になっています。
どういうことかと言うと、今までなら浮気相手を身近な人間、たとえば、仕事の同僚や昔の恋人、
その他の顔見知りの人が浮気相手となる場合が多かったのですが、ここ最近は、
まったく接点の無い者同士が、浮気をするケースが増えています。

まったく接点の無い者同士がどうやって浮気をするようになったのか。
それが、オンライン上で知り合って浮気をするということです。

インターネットには、様々なサービスがあります。そのサービスの中には、出会い系サイト、
出会い系アプリなどの出会いを求める人が男性女性、カップリングを目的としたサービスがあります。

この出会い系は、昔から存在しました。古くは2ショットダイアルなどがこれの原型ともいえます。
最近では、LINEやKAKAOといった無料通話アプリを使って、見ず知らずの相手に連絡を取り合い、
そこで意気投合したら、現実世界で会うといったことが増え、浮気相手と出会い系を通して探す人も増えています

オンライン上の浮気が増えた理由
人探しといえば、探偵の人探し調査や家出人調査があります。調査の名前は違いますが、行方がわからなくなった人を探すのは同じです。

探偵事務所、または興信所では、その探偵独自の方法で人探し調査を行い、家出人や行方不明者、連絡が取れなくなってしまった人を探します。

自分で行方不明者を探すとなると、この探偵が行う人探し調査を真似ることになります。

探偵独自の方法は除き、周囲の住民、または行方がわからなくなった人の知人友人に話聞いたり。行方がわからなくなった人が良く行っていた場所で張り込みをするなどで、行方不明者を探します。

少し拍子抜けする人探しの方法だったかもしれませんが、人探しでは、インターネットの検索のように、探している人の名前を入力したら、一瞬で所在がわかるような便利な方法はありません。

人探しをどのような方法でやるにしても、そのほとんどが地道に探していく、というのが一般的です。
情報の漏洩を待つというのが基本

情報の漏洩というと危険な感じもしますが、もっと単純にすると「ボロを出すのを待つ」ということです。

基本的にオンラインの浮気調査は待ちの一手です。どれだけ浮気のことを隠していても、少なからず情報を漏らしているはずです。

また、待ちでも、少し攻撃的な待ちをすることはできます。

例えば、浮気をしていると疑う相手のアカウント名を知っているなら、LINEや他のアプリで自分もアカウント作り、そこから相手に接触して情報を引き出す。

モバイル端末やパソコンに残されているメッセージやメールなどのログを集めるなどして、浮気に繋がる証拠を探すのです。

この方法は、かなり根気のいる作業になります。また、本当に浮気をしていたら相手もこちらの動向を気にするでしょうから、
慎重に浮気調査をする必要があります。

探偵の浮気調査のように尾行や張り込み等をする必要はないのですが、浮気のシッポを掴むまでは、
地味な作業を淡々と行う必要があり、また、証拠が見つかっても、感情に出ないよう務める必要があります。


オンラインで浮気調査をする準備

まずは、オンラインで浮気調査をする準備を整えましょう。
探偵に浮気調査を依頼するにも、まずは、浮気をしているという確証を持って、探偵に依頼したいと思います。
そこで、どのような浮気の証拠をオンラインで集めればいいのかと言えば、メールやメッセージに浮気相手と肉体関係を持っていると匂わせる本文を見つけること。

そして、浮気相手と一緒に写っている自撮り、他には、可能であるなら浮気相手との連絡手段でしょうか。

難易度が高いと思われてかもしれませんが、オンラインの浮気調査では、
一度証拠が見つかると、その後はボロボロと浮気の証拠が出てくることがあります。

その理由は、浮気という危険な物を、一括で管理している人が多く、一度突破することが出来れば、後は証拠を全て抜き取ることができるのです。

LINEなどのアプリにはパスワードが設定されているのでそう簡単には上手くいかないかもしれませんが、
メールなどはモバイル端末本体にデータが残っているのでこうした情報を集めておきましょう。


Copyright (C) オンラインで浮気調査 LINEを使った浮気を見破れ! All Rights Reserved.